変身

夜が足にまとわりつく ことを差し引いても長い帰り道だった。

 

同窓会で10数年ぶりに集まると、初恋の人が、たとえば太っていたとか、たとえば皺が増えていたとか、たとえば幸せな家庭を、たとえば自分とは無関係の場所で、たとえば築いていて、たとえばどうしようもない寂しさに囚われる、という話はよくきく。

 

美しい思い出は海馬に直接ヒットする鉄球となってノックアウト、肩を抱きながらセコンドが浴びせてくれるのは酒で、次に起き上がると自分の部屋。

 

そう、昨日は同窓会だった。

 

好きだった人は、例に漏れず、当時とはずいぶん違った姿になっていた。

 

地球儀になっていた。

 

好きだった人は、地球儀になっていました。いますた。

 

どういうこと?

 

ぎもスロ(疑問のパチスロ)が777。頭の中で疑問のあふれる音がする。

 

どうやってここに来た?どうやって生活してる?しゃべれるの?どうしてそうなった?どうして?どうして……。

 

だいたい、好きだった人に自分から話しかけるなんて、恥ずかしくてかなわない自分は、アルコールをたっぷり摂取してから彼女のもとへ向かった。

 

久しぶり、なんか、雰囲気かわったね。

 

彼女は静止している。

 

そういえばさ、あれ覚えてる?二人の夢の話。

 

彼女は沈黙している。

 

いつか、外国行ってみたいね、とか言ってたよね。

 

酔っていることを言い訳に、その地球儀に、いや彼女の体に手をかけて、ゆっくりと胴体を回した。

 

どこに行きたいって言ってたんだっけ、でもそこは、君の中ではすごく遠い場所で、すごく美しくて、すごく手の届かない場所だって、よく寂しそうにしてたよね、あれ、どこだっけ。

 

アイスランド

 

そう聞こえた気がした。

 

アイスランド

 

そうだ、アイスランドだ。私は彼女の体に指を這わせた。アイスランドだ。アイスランドは、たしか、ヨーロッパの…

 

そこで、私は手を止めた、息を止めた、話すことを止めた、その時、すべてが止まっていたのかもしれない。

 

アイスランドのあるはずの場所には、どうしてか、だけど確実に私の形をした金色が、静かに浮かんでいた。

曲ができました 6のことです

ポツン コツン と酸素がぶつかる

 

噴水が止まった

 

もしも無いことが芸術だとしたら

 

存在しない石像に手を合わせた少女は、あじさいの紫を知らなかった 

 

砂のカゴ、栗の音、灰色の灯

 

ミスターチルドレンをカタカナにした時、失われたアルファベットはもう光の届かない谷の底へ?闇がブドウだとしたらブドウ園な空の街へ?

 

石鹸で落せなかった汚れ、こちらでお預かりしています

 

いや~ほんと初見殺しですよねえ、人生

 

初めての朝、ビームの教科書、ローソンファミリーマート

 

ピアノ「ガーリガリ君」(^▽^)/

 

 

とても美しい人が着たドレス

 

平成が終わる。平成って何かわかりますか。私には分からない。この時代に、「平成」と名がついているらしい。誰も意味を知らない時代が、終わるのですよ、と地球に声をかけたら、俺にとっては平成という季節だ、と返された。私は、てっきりもっと短い単位に思っていると予想していたから、案外、と思った

 

そういえば、平成が終わるのは初めてらしい。地球ができてから46億年、この46億年の中で一度も終わったことのなかった時代が終わろうとしている。

 

100歳まで生きたいと思っている。正確に言うと、103歳まで生きたいと思っている。生きれると思っている。犯罪に巻き込まれるとか、地震が起きるとか、地球が滅びるとか、文明が崩壊するとか、宇宙人が攻めてくるとか、怖いことは本当にたくさんあるけれど、自分だけは生き延びるだろうと思っている。想像力が足りない頭に、銃を持ったことのある子どもたちが石を投げる。

 

世紀を跨ぎたいと思っている。どうやら小さい頃、2000年と2001年を跨いだことがあるみたいだが、当時は3歳なのでもちろん記憶はない。一番古い記憶は年少のときの保育園の部屋で、ワタルと座っていた茶色の床だ。ワタルはいつもランニングシャツに短パンで、子どもながらに、キャラ作り乙と思っていた。

 

世紀を跨ぎたいと思ってるんですよ、もう一度。どんな感覚なんでしょう。形式的な性格だから、なんかワクワクするんでしょう。今ないテクノロジーがその時にはあって、若者はすごくなる。列車は、先に生まれた我々のいる駅を通り過ぎて、終点を避けるために走り続ける。

 

平成が終わる瞬間に、21世紀が終わる瞬間に立ち会うには、①生きていて②起きている、ことが大切だと思う。その瞬間、みんなはどうしているのだろう?偶然にも平成の終わりは、私にとって最後の大学生活の年として縁がある。どうせワーとか叫んで終わるだろう、何かおもしろい(と自分が思うこと)をしてそんなにおもしろくないだろう、でも、その瞬間を大切にしたい、気が、する。

 

今まで、気恥ずかしくてできるだけ写真を撮られないようにしてきた。その場所にいて写真に誘われない場合悲しいし、その場所にいて気を使っていただき写真に寄せてもらうのも性格的につらい。だからカメラのない場所を選んで息をしていた。監督のような表情で柔和に見つめた空間は、選手として激烈に笑いたかった空間だった。足は動かないまま、砂時計の砂は落ちきった。そのたびに後から振り返って何をしていたのだろうと、また砂時計をひっくり返した。

 

形式的な性格でよかったのかもしれない。1度でもスイッチを入れられる機会があるなら、十分に幸せと言えるだろう。

 

21世紀の終わりに私はどこから22世紀の始まりを見つめるのだろう。

 

21世紀の終わりにマーシャル・D・ティーチがしなさそうなこと

桃を植える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局

ヨキマは毎日が怖かった。何をすれば父親に叱られないのか、何をすれば父親が割らないのか、何をすれば自分が素晴らしいのか、それを探ることが秒針になっていた。

 

カチ カチ

 

ヨキマは転んだ。別に助けてほしかったわけではない、けれどつい父親のほうを見てしまった。恐らくは怒られないために様子をうかがったのだ。ヨキマはそういう風に体ができてしまっているから。父親と目があった。

 

カチ カチ

 

何をしている?立てばいいことだろう?なぜ何も言わない?金属で殴るぞ?トラックに乗せるぞ?"""雨"""を体験したことがないらしいな。"""神社"""に行くか???

 

カチ カチ

カチ

チ カチ カチ

   カ チ

カチ チ カカ

 

カチ カチ カチ

 

ラッスンゴレライ

 

バスケットボール・ドリーム・ストーリー

集合!

 

井上、リキみすぎだ。もっとバスケを楽しめ。仲間を信じてプレーする。お前一人で戦ってるわけじゃないんだぞ。

 

吉岡、パスもらったらすぐバイク乗って走りだすのやめろ。反則だ。そもそもどこに置いてたんだそれ。いつも気づいたらエンジンの音がして、お前がバイクと場外にいるんだ。どういうテクニックでそんなことができる?教えてもらいたいよ。

 

辻本、ファウル判定がなかったからって警察に電話するな。審判が全てだ。警察はなんでも屋さんじゃないって授業でも教えただろ。いや殺人のときはいいよ。

 

高橋、そのラーメン美味そうだな。でも試合中はポカリを飲め。塩分を摂取することは確かに大切だが、適材適所ってもんがある。その麺はどうするんだ?いやタオルにはならないだろ。食べなくていいけど食べないといけないだろ。本当に気持ち悪いなお前。

 

もうお前たちはゴミだ。諦めろ。試合終了。お疲れ様。

 

 

媚び色のペンで書いたインタビュー記事「金曜日」

― 月刊『概念』、本日のゲストは金曜日さんです。

 

金曜日(以下、金):よろしくお願いします。

 

― 今回は忙しい中わざわざインタビューを受けて頂きましたが。

 

金:いや、実際そんなに忙しくないです、言っても週1のシフトなんで(笑)

 

― なるほど、確かに週1ですが、存在感は平日3日分くらいあるような

 

金:それは褒めすぎです、確かに多くの方が「華金」なんて言葉で僕のことを楽しみにしてくれてるみたいですけど、僕なんてまだ半日前ですよ。

 

― 「半人前」みたいに言いましたね。

 

金:はい、重鎮の日曜さんからは、鼻たれ小僧の金曜で「鼻金」なんて呼ばれてますし(笑)

 

― さすが日曜さんですね。でも実際その若さで金曜日になられたということは、快挙ですよね。

 

金:正直、他の平日の方々を抑えて今金曜日として仕事ができてるのは誇らしいですね。木曜さんとか同期のスイピー(水曜日)よりも俺を評価してもらえたんだと思うと、もっと頑張らなきゃなって。

 

― 金曜日として何か気をつけていることは?

 

金:金曜ってあくまで平日なんですよ。初めは敢えて休日感をださず、16時くらいまでは他の平日以上に平日感を出します。で、皆が仕事や授業を終えた頃にパっと掌を返して休日感を出す。そしたら皆、五日間の疲労から開放されてすっごい笑顔になる。この振れ幅ですね、僕が平日感を出せば出すほど喜びが増長する。

 

― なるほど。休日への憧れは?

 

金:もちろん出世欲はあります。まだまだ経験不足だけど、もっと実力をつけたい。最近は「金曜日が楽しみなせいで木曜日まで楽しみになってきた」とか「金曜日の夜なのに土曜日の夜かと思った」って褒められたり、これ言うとまた土曜さんに怒られちゃうけど(笑)

 

― 最後に、自分を一言で表すと?

 

金:幸せへのまわり道、ですかね。ただ休みたければ学校や会社なんてサボればいい。でも、敢えて一生懸命に僕を過ごしたら、その達成感で休日や金曜の夜がもっと幸せになる。

 

― 触媒のような働きというわけですね。本日は貴重なお時間をありがとうございました。

 

金:ありがとうございました。

遥か、リップクリームで書いた海

誕生日プレゼントにもらったそれが何か、彼は知らなかった。それを贈った彼の父も、どこでそれを買ってきたかは口にせず、用途も名前も知らないようだったから、自分がそれを知らないのを何も不思議なこととは思わなかった。

 

ただピカピカで、形がかっこよくて、大きくて、重くて、何か持ち手があって、そういうことで、彼の中では武器ということにして了解していた。

 

なにはともあれ、プレゼントなんて、こんな大きなプレゼントなんてもらったことのない彼は、それが嬉しくて毎日のように持ち歩いた。

 

初めは回転する刃のような部分が外にくるように持っていたが(なんか武器ってそういう持ち方のイメージあるし)、そうするとあまりにも重いので持ち方を縦に変えた。刃の部分は、高速に回転している時こそ危険だが、ゆっくりと地面に沿わせるように移動させれば何も傷つけなかった。これが優しさなのかと彼は思った。神は完全に違うとして雨を降らせた。

 

ある日、彼は珍しく店に入った。いつもは自分の街を散歩するだけだったが、なんだか張り切って隣の街まで来てしまったのだ。すると、自分が今日も持ち歩いている、あの武器がたくさん並んでいる店を発見した。看板には何かが書いてあるが、意味が別の言語を着ているため識字能力とかマジ乙な彼にはまだ理解できなかった。

 

別の種類のそれにも触ってみたいと思った彼は、店内で自分のそれと他のそれがごっちゃにならないように、わざと離れた場所にそれを置いておいた。それが恐らく、彼に幸運をもたらした。

 

店内にはところ狭しと例の武器が置かれている。店員に、この武器を触ってみてもいいかきいてみようか。いや、知らない街だし、今日は見るだけにとどめておこうか。ふいに、若い男の声がきこえた。「気に入ったのあったら言ってくださいね~」。彼にはそれが、「ガキ、戦うか?」にきこえた。

 

ヒッ

 

彼は一目散に店を飛び出した。

 

まだ使い方も知らない武器で大人に勝てるわけねー

 

えーと、どこだ、僕の武器どこだ、あった、あったあった、よかったー、なくなってたら嫌だもんねー、ふつうに嫌だよねー、てかこんなもんデカすぎだし持ち歩くとか無理じゃね?ふつう外置くよねー、でも取られる可能性とかこれなんか鍵?で固定しとく必要あるくね?ん?なんだ?これ・・・・・・・

 

そこで彼は自分のそれに、なにかシールが貼られてあるのを見つけた。

 

「駐輪禁止。この場所は駐輪場ではありません、対処が見られない場合、該当自転車を撤去することがあります。」

 

へー、これ自転車っていうんだー

 

シールには自転車に乗る人のピクトグラムが描かれていた。それを真似してみたらふつうに乗れたので帰りはそのまま自転車に乗って帰った。(15分で帰れた。)