レストラン・フォーク・ナイフ・ミッドナイト

外はまた一段と寒くなって参りまして、吐息の走った道は白く明確で、木々はまた、信号のように緑から、黄・赤へ、夜空に見えるあれはなんでしょうか、星でしょうか、穴があいて向こう側から光が漏れ出しているのでしょうか、おっと、こんなところに駅ってありましたっけ、まあいいんですけど、いやよくないんですけど、駅ってだって、急にあることなくないですか?助走もなく飛ぶ陸上選手はいない、工事もなく存在しだす駅はない、一致。

 

おいコラ~~~

 

(笑)

 

他の人は誰も気にしていないようで、降りだした雨は私にだけ集中している。誰も足を止めないその駅の前に私だけが止まっていた。

 

いや、停まっていた。

 

すべての足音が一つになった、すべての景色が一つになった、すべての失礼しますが一つになった、すべてのアルファベットが一つになった、すべての曜日が一つになった、すべてのアイコンが一つになった、すべての時間が一つになった、すべてのすべてのすべてのすべての、一つになった。

 

そうか、この駅は私だけが停まる駅だったのか。

 

確かに私を轢いたはずの列車は、線路のない暗闇をくぐっていった。

確かに列車に轢かれたはずの私は、足場のない暗闇で足踏みしていた。

 

でもそんなの関係ねえ、そんなの関係ねえ、そんなの関係ねえ

 

はい

 

冬(ふゆ)